白いTシャツの黄ばみを取る方法



漂白剤について

 

漂白を行なうには、市販の酸素系漂白剤を使用するのがよいでしょう。粒状の酸素系漂白剤もありますが、おすすめは液体酸素系漂白剤です。粒状の酸素系漂白剤はアルカリ性を示し、液体酸素系漂白剤は酸性を示します。

 

漂白力はアルカリ性の方が高いのですが、地色が流れやすくなり、脱色や色移りがしやすくなります。また衣類を傷めてしまう場合もありますので、液体の酸素系漂白剤を使用した方が安全なのです。

 

酸素系漂白剤は過酸化水素を主成分としています。この過酸化水素に漂白効果があるのです。過酸化水素を成分としているものにはオキシドールなどの消毒液もあり、これらも漂白剤として使用することができます。

 

消毒液の過酸化水素の濃度は約3%、市販の液体酸素系漂白剤も約3%ぐらいで、浸透力を増す為に洗剤が入っています。本来は、洗剤が入っていないオキシドールなどの消毒液の使用がベストですが、市販の液体酸素系漂白剤でも問題はありません。

 

基本的にどちらを使用しても良いですが、市販の液体酸素系漂白剤の方が価格も安く、どこでも購入できるメリットがあります。

 

漂白剤は自分で作ることも可能です。オキシドールを小皿に少量入れて、その中にアンモニア水を5~6滴たらします。これで、酸素系漂白剤の完成です。アンモニア水は刺激臭がキツイので、直接臭いを嗅がないで下さい。また、この漂白剤は作り置きはできません。3~4時間で漂白効果は失われてしまいます。アンモニア水は、薬局で虫さされ用薬として販売しています。