白いTシャツの黄ばみを取る方法



黄ばみの予防と対策

 

白いTシャツや肌着は、こまめに洗濯をしても、脇の部分や首元の部分が黄ばんでくるものです。体質による差もありますが、肌に直接着る肌着やTシャツには汗と一緒に皮脂汚れが大量に付着するため、洗濯をしても完全に落ちきらずに蓄積した皮脂汚れなどが酸化してしまうことがその原因であると考えられます。

 

これらを防止するには、洗濯の洗浄力を上げて、できるだけ皮脂汚れを除去することです。洗浄力を上げるポイントには、温度を少し上げたり、酸素系漂白剤を使用することなどがあります。

 

また、よく黄ばみが発生する部分に、市販の前処理剤を塗るのも効果的です。ただし、これらの方法はあくまで黄ばみを予防するものであり、既に黄ばんでしまった衣類には効果がありません。

 

既にある黄ばみは、漂白処理を行なわないと取り除くことはできません。一般的によく行なわれるのは、つけ込みによる漂白方法です。洗面器やたらい、桶などに40度~50度くらいのお湯を入れ、液体の酸素系漂白剤と洗剤を入れます。その中に衣類を入れて30分くらいつけてから、そのまま洗濯機で洗います。

 

それでも黄ばみが取れない場合は、液体の酸素系漂白剤を黄ばんだ部分に直接塗り、しばらく放置した後につけ込んでおくのも効果的です。また、つけ込む時に粉末の酸素系漂白剤を加えると漂白力が上がります。

 

粉末の酸素系漂白剤というものはアルカリ性であるために漂白力が向上するのです。また、ドライヤーを使用して加熱する方法も効果があります。これは、漂白の効果が温度が高い方が大きくなることを利用したものです。